送受信するデータ容量が大きいネットユーザーが考えるべきこと

システム開発にまつわるファイルのデータ容量は、基本的に大きいものばかりです。そのため、一緒に開発を行っている人たちとの間でデータのやりとりが始まれば困ることがありました。

私はプロバイダーに特別なこだわりがありませんでしたから、とりあえずリーズナブルな価格設定の会社のサービスを利用していたからです。そのせいで、相手方から送信されたデータをダウンロードするために膨大な時間を費やしてしまい、ときには開発作業の進捗率が伸び悩んだことさえあります。

さすがに申し訳ないと感じた私は、OCNのプロバイダーサービスを利用しようと考えるようになりました。利用したことが皆無に等しかったので、正直なところ不安がありました。急に通信が不安定になるのではないかと根拠のない不安感に襲われましたが、意を決して契約する決意を固めました。

すると、従来までは憂鬱な気分になりながらデータのやりとりをしていた私が、今では平常心で作業できるようになっています。全てはOCNのプロバイダーサービスの通信速度が速いおかげなので、私の選択は間違っていなかったのだと思えました。

それだけではなく、開発に関して調べ物を行うときにも助かっています。たとえば、複数のサイトへ同時アクセスを試みるときに従来であれば時間がかかっていましたが、OCNと契約してからは一瞬と言っても過言ではないぐらいの速度でアクセスすることができています。この違いによって、開発効率が向上しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です