送受信するデータ容量が大きいネットユーザーが考えるべきこと

システム開発にまつわるファイルのデータ容量は、基本的に大きいものばかりです。そのため、一緒に開発を行っている人たちとの間でデータのやりとりが始まれば困ることがありました。

私はプロバイダーに特別なこだわりがありませんでしたから、とりあえずリーズナブルな価格設定の会社のサービスを利用していたからです。そのせいで、相手方から送信されたデータをダウンロードするために膨大な時間を費やしてしまい、ときには開発作業の進捗率が伸び悩んだことさえあります。

さすがに申し訳ないと感じた私は、OCNのプロバイダーサービスを利用しようと考えるようになりました。利用したことが皆無に等しかったので、正直なところ不安がありました。急に通信が不安定になるのではないかと根拠のない不安感に襲われましたが、意を決して契約する決意を固めました。

すると、従来までは憂鬱な気分になりながらデータのやりとりをしていた私が、今では平常心で作業できるようになっています。全てはOCNのプロバイダーサービスの通信速度が速いおかげなので、私の選択は間違っていなかったのだと思えました。

それだけではなく、開発に関して調べ物を行うときにも助かっています。たとえば、複数のサイトへ同時アクセスを試みるときに従来であれば時間がかかっていましたが、OCNと契約してからは一瞬と言っても過言ではないぐらいの速度でアクセスすることができています。この違いによって、開発効率が向上しています。

光回線はとても速い通信速度

現在では、光回線を開通している家庭は非常に多いもので、企業などでも積極的に光回線を繋いでいるものです。その理由としては非常に簡単なもので、光回線の場合には、従来の通信速度よりも非常に速い速度でインターネットを利用する事が出来るからです。

従来のインターネットの接続方法よりも、とても速くなった通信速度によって様々な事が便利になりました。大容量のデータの通信もスムーズに行う事が出来るようになりました。そのため、企業などでもデータ通信の際には積極的に利用されています。

一般家庭の場合にはフレッツ光が人気となっています。フレッツ光は非常に手頃な価格でサービスを展開しており、満足をする事が出来る方が多い傾向にあります。光回線にする事によって、家庭でも気軽にデータの通信をする事が出来るようになりました。その結果として、大容量の綺麗な動画などを簡単に視聴する事が出来るようになったり、データのダウンロードなどもスムーズに行う事が出来るようになりました。

現在では多くの地域で開通されている光回線ですが、人気があるのはフレッツ光回線です。しかし、その他にも多くの会社がありますので、サービスの内容によって契約をするかどうかを決定する参考にする事が出来ます。

会社によって光回線でもサービスの内容は異なりますので、満足をする事が出来るようなサービスを展開している会社と契約をする事が最適です。スムーズなインターネットが利用出来るようになります。

フレッツ光の特徴とその魅力

フレッツ光はNTTが提供している光回線のサービスです。フレッツ光の最大の特徴と言えば、やはりインターネット接続の速さが上げられます。ネットを快適に楽しむことが出来、ダウンロードやオンラインゲーム、さらには動画まで様々なネットコンテンツがストレスなく利用できるのです。

フレッツ光は最大で1Gbpsのスピードで、フレッツADSLが最大で44~47Mbpsなのと比べると、約2倍ほどのスピードです。このことからもフレッツ光の回線速度の速さが伺えます。

私自身もフレッツ光を利用しており、以前はADSLを使っていたのですが、今のほうがサイト表示の速度が速く、オンラインゲームもフリーズすることなくプレイできています。

ADSLの頃はよくフリーズすることがあり、パソコンを使い始めた当初だったため、フリーズするものなんだなと思っていました。もしかしたらパソコン自体のスペックも関係していたのかもしれませんが、フレッツ光の快適さを知った今では他のものに変える気は今のところはないです。

またフレッツ光の魅力は回線速度の速さだけに留まりません。オプションサービスが充実していることも魅力の一つと言えます。テレビサービスのひかりTVやフレッツ・テレビ、IP電話サービスのひかり電話などがあります。

さらにこれらのサービス自体にも追加で申し込みできるオプションサービスがあるため、趣味やライフスタイルなどに応じて様々な便利で楽しい生活を送ることができるというわけです。

動画視聴でストレスを感じない環境が整った

毎月の通信料の上限が定められているプロバイダサービスを利用していましたが、あまりにも動画の視聴環境が劣悪でしたから他の会社と契約したいと思っていました。

そんなときに良いと感じたのが、フレッツ光だったのです。これを知ったきっかけは某テレビコマーシャルで、ちょうど動画視聴時のストレスを感じている女性の現状が良くなったという趣旨の内容でした。

そこではアイドルがダンスパフォーマンスしている動画が映り混んでいましたが、大切なところで動画の再生が止まってしまったり動きがカクカクしたりと満足に楽しめるようには見えませんでした。

途中でフレッツ光に変更した結果として、滑らかに動画再生ができるようになり女性は笑顔になったという状況を強調してテレビコマーシャルは終了しました。その一部始終を見ていた私は、フレッツ光であれば動画視聴をより一層楽しめるのではないかと考えたのです。

すぐさま契約申し込みを完了させて、プロバイダの乗り換えを済ませることができました。導入が完了してから真っ先に行ったのは、海外のスケートボード大会の様子が記録された動画をインターネット上の某サイトへアクセスして視聴することです。

場面が急に変わることが多い動画ですから、通信環境の良し悪しを確認するには最適です。動画を視聴し終えた私は、プロバイダを変更して良かったと思いました。従来のものよりも動画再生が滑らかになったので、全くストレスを感じませんでした。

フレッツ光はとてもスピーディーでした。

光回線でインターネットを使用することが当たり前となってきました。以前は特別な工事の必要がないADSLが一定の需要があった時代もありましたが、やはり光回線のスピードには敵わないようです。

 

日本国民のほぼ全員がインターネットを頻繁に使用することが当たり前になりました。それだけ頻繁に使用するインターネットであるだけに、やはり少しでもスピーディーで快適なサービスを使用したいと考えることが自然のようです。

 

私は実は元々はauひかりを使用していました。携帯電話をずっとauのものを使用してきたのですが、auひかりとセットにすれば両方に割引が適用されてお得になるという話に乗っかった形です。ただ以前に使用していたADSLと速度がほとんど変わりませんでした。とても大きく失望しました。てっきりADSLよりも遥かにスピードがアップするものだと決めつけていたからです。

 

それから数年経過した後で、引っ越しをきっかけに今度はフレッツ光に変更しました。するとスピードは格段にアップしました。ようやく何年も経過して本当の光回線のスピードを体験できた形です。やはりこの業界の最大手であるNTTの力は絶大なのだなあと実感しました。最大1000mbpsという宣伝でしたが、しっかりと800mbpsは超えていました。大満足です。

 

おそらく値段の高い最新のルーターを購入したことも影響しているようです。そのおかげで光回線の速度アップを実現できました。これからの光回線による快適なインターネット生活を想像すると、ワクワクします。